以下にないことについてのお問合せはコチラから

 

「コーチング」に関する学術的な定義はあるの?

残念ながら、学術的に保証された定義はありません。
ちなみに、国際コーチ連盟では、コーチングを次のように定義しています。

「コーチングとは、思考を刺激し続ける創造的なプロセスを通して、クライアントが自身の可能性を公私において最大化させるように、コーチとクライアントのパートナー関係を築くことです。
対話を重ね、クライアントに柔軟な思考と行動を促し、ゴールに向けて支援するコーチとクライアントとのパートナーシップを意味します。」
国際コーチ連盟日本支部HPから引用)

 

カウンセリングやコンサルティングとは違う?

違います。
カウンセリングは、一般的に何らか精神心理的に不健全な要素を抱え持った人に対する相談支援ですが、コーチングは、精神心理的には健全な状態である人を対象とします。
コンサルティングは、クライアントの持つ問題・課題を解消し、目標へ導くことを仕事とする点では似ていますが、コンサルタントが持つノウハウや情報をクライアントに積極的に提供することやコンサルタント自身がそれらを実行することに重点が置かれます。コーチングでは、クライアントが持つ知識・経験・実績・体験・人脈等を引き出し、クライアントが自力で考え、自力で行動し、自力で解決し、自力で未来に進んでいくことを“パートナーとして支援する”という立場を取ります。

 

クライアントの個人情報は大丈夫?

コーチングのセッションは秘密が守られます。コーチがセッションにおいて知ったことについては、コーチは全て守秘義務を負います。これは契約においても明文化されています。

 

コーチングの内容はどんなことでもいいのでしょうか?

現在は、エグゼクティブコース、起業支援コースを用意しています。
各コースのコーチング内容の目安は以下の通りです。もちろん、コーチングを進めていくにあたり、一身上のこと、家庭のことなどが含まれることがあってもかまいません。
・エグゼクティブコース⇒会社経営者、管理職などの方向け。その方の立場、職務に関係する内容が目安です。シニア世代の場合は、セカンドキャリアに関する内容も含まれます。
・起業支援コース⇒起業に関するビジネスプランのこと、起業に向けての決意を固めるためなど。

 

人材育成全般の支援は可能か?

「エグゼクティブコース」をベースに、コーチング以外の内容を含む集合型の管理職研修や、管理職・シニア社員との個別コーチングを提供することもできます。その際、人材育成会社とのサービス内容の共同提案も可能ですので、ぜひご相談ください。
詳しくはコチラもご覧ください。※別タブで開きます

 

法人との契約?コーチ個人との契約?

どちらも対応可能です。弊社名義での法人契約も、コーチ個人名義の個人契約もできますので、請求書、領収証の名義も、法人でも個人でも可能です。
また、貴社対弊社の契約(法人一括契約)も可能です。貴社と弊社の一括契約の中で、貴社内の複数名のクライアント(コーチングを受ける人)に対するコーチングを実施します。
詳しくはコチラもご覧ください。※別タブで開きます

 

支払い方法は?

現在のところ、銀行振込の方法のみとなっています。初回セッションまでにお支払いをお願いしています。ただし、貴社対弊社の契約(法人一括契約)の場合は、別途、個別に定める方法とします。

 

Points of You®とは何ですか?

「Points of You®」は、右脳思考を促進する写真カードと単語カードを用いたイスラエル生まれのコミュニケーション・ツールです。Google、Intel、IKEA等の世界的著名企業で採用されているほか、シルク・ドゥ・ソレイユでも採用される、非常に特徴のあるツールです。
コーチングにおいて、どうしても発想が狭くなってしまう場合や、一切の制約をなくした自由な発想が望まれる場合があります。その場合、Points of You®の写真カードを使って、言葉を越えたイメージによる右脳的な思考が役立つ場合があります。
そこで、弊社(私)のコーチングでは、必要に応じてPoints of You®を使うことにしています。

Points of You®に関する提案資料はコチラ | POINTS OF YOU JAPAN公式サイトはコチラ ※別タブで開きます